砂塵の記憶

creatle.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 06日

蒼き空に紅き御旗を 7

 午前8時。南サンドリア西門。
 そこには、かつて無いほどの戦力が集結していた……。



 今日から遠征軍が始まる。
 遠征軍とは、コンクェスト政策の一環で、
 各地に点在する獣人特殊部隊を撃破し、戦力を削ぐのが目的だ。
 もちろん、撃破すれば、その地域の支配権を強化することが出来るわけで。
 もっぱら、リージョン支配地を増やす術として、遠征軍が利用される。

 既に食糧はレンブロワ食料品店から送られ、分配も済ませてある。
 そろそろ点呼を取ろうかと言うところで、名を呼ばれた。

「よぉ少年。そっちは何処担当だい?俺たちはデルフラントへ派遣なんだが」
「アイリシュさんおはようございます。私たちはザルクヘイムへ行きますよ」

 赤獅子騎士団第12師団(イフリート隊)隊長、アイリシュ・ダリアさんだ。
 女性みたいな名前だが意外と、お髭が逞しいおじさまだ。
 隊のナンバーが近く、困ったときなど、親切に面倒を見てくれる。
 アイリシュさんには私と同じ歳の息子さんがいるそうで、他人とは思えないそうだ。
 
「そうかそうか。ザルクか。ルギア総大将と、草の根の活動の拠点だったな。
 今期も落としていたか……。
 少年。たのんだぞ。俺たちの思い出の地。きっと奪回してくれ」
「ええ。そちらも、御武運を」

 アイリシュさんはニヤリと笑うと、そのまま自分の部隊へと足を進めた。
 アイリシュさんは、私のことを「少年」と呼ぶが……
 なんというか、嫌な感じはしない。そう呼びながらも、
 私を13師団の隊長として認めてくれているのを、私は知っている。

 とりあえず点呼を取った。
 やはり出撃可能なのは、18人だった。
 行き先と部隊編成を伝え、神殿騎士団のハイガードに準備完了の旨を伝えた。
 神殿騎士は、私たちを前に、説明を始めた。

「では、ディアボロス隊はザルクヘイムへの遠征となる。
 各自、遠征資格書は持っているな?
 これより、現地へとテレポをかける。
 期間は、本日より1週間。
 目標は、獣人特殊部隊の殲滅、及び獣人補給資源の奪取だ。
 では、健闘を祈る」

 程なくして、私たち全員に、ハイガードがテレポの魔法を掛けた。
 体が光に包まれ、浮き上がるような感覚に切り替わる。
 しかし毎度の事ながら……!




 飛ぶ→落ちる。コレ世界の摂理アルネ。
 とばかりに、怪しい言語が頭をよぎる。



 気付くとそこは白い砂浜が美しいバルクルム砂丘。

「うぷ……酔った……」
「ま、毎度の事ながら感覚がおかしくなりますね……」

 何とかおかしくなる意識を整え、整列。

「では、コレより遠征軍を開始します。
 メビウスさんと、コトナリアさんには、あらかじめ調査ポイントを指示してあります。
 小隊ずつで、探索を開始してください。
 獣人旗を見つけたら、速やかにリンクパールを使用して連絡を。
 絶対に触れたりしないでください。
 呪いとともに獣人特殊部隊から総攻撃をくらいますから。
 あと、極端に重い装備は、あらかじめ規定の装備へ。
 呪いで、身動き取れなくなったら死にますからね」

 獣人旗には、呪いが仕込まれていて、能力が制限される。
 重い鎧や、武器は持つことが出来なくなるくらいの強力なものだ。
 特殊部隊は、その呪いが掛かっている者しか攻撃できないが、
 掛かっていない者からは攻撃を受けないという特性を持つ。
 どんなに努力しても魔法すら発動せず、殴りかかっても途中で阻害される。
 つまり、甘んじて呪いを受けなければ行けないのだ。

「では、出撃!」
『了解!』

 この日、全部隊による一斉の遠征軍が幕を開けた。
[PR]

by creatle | 2007-05-06 02:25 | 外伝:蒼き空に紅き御旗を


<< 蒼き空に紅き御旗を 8      蒼き空に紅き御旗を 6 >>