人気ブログランキング |

砂塵の記憶

creatle.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 28日

外伝~潮騒の鎮魂歌~15

午後4時半。
そろそろ日も傾き初め、世界が茜色に染める時。
されど、ここ戦場は、白い光に包まれていた。





 バニシュ、ディア、ホーリー……。
 様々な神聖魔法が飛び交い、神聖魔法を付加された矢が敵を狙い撃つ。
 ブラックホラーの黒装甲が細かく削り取られていく。
 だが、決定打にはならない。

『本隊出撃!魔法兵団と交代し、神聖魔法を連打!
 魔法兵団は魔力回復を最優先。
 ラキラさん、セフィさん、リカバーを頼みます!』

 リンクパールから、フラッドからの懸命な指示が飛ぶ。

 船上から一部隊が退き、別の船から本隊が出撃、配置を完了する。
 如何に魔法を雨のように降らせようとも、
 ロフェイトはブラックホラーを正面にしていた。
 回避し、弾き、神聖魔法を撃ち、シールドで衝撃を与える。
 ブラックホラーはロフェイトに固執するかのように追いかけてゆく。
「≪Liber’ cling’ Camin’≫、“エンサンダー”」
「泉より湧き出る生命のオーラよ。ロフェイトに湧き出る活力を!リジェネⅢ!」
「≪Mag’ ret’ repro’≫、“リフレシュ”」
 リュウとメビウスが連動するように魔法を発動させる。
「≪Time’ Stagn’ accel’≫、“ヘイスト”≪Disp’ inval’ disap’≫、“ディスペル”」
 さらに連動、連鎖し、無限に連なる一つの流れ。
 これこそが、彼を“メビウス”と名乗らせ、確たる概念を持つ性質。
 ――“無限詠唱のメビウス”――彼こそが、生きる伝説である。

 俺もミスリルの刃を輝かせてヤツに挑む。
 が、黒い装甲に阻まれて傷一つ付けられない。
 何度叩きつけようとも、どんなに強力な技を繰り出そうとも。
 全く歯が立たなかった。
 何かが足りない。感覚が違う。
≪誓いは為された。さぁ、我が真名を唱えよ――!≫
 声が頭の中に響く。他でもない、俺の声で。
≪真名、解放≫
「真名……解放……!≪岩石の如き騎士の誓い≫ロックハート!」

 ――魔力供給を開始。
 ――魔力充填率0.1%。付近にマナ接続アダプターを確認。接続……!
 ――接続エラー。残存貯蔵量、不明。供給量、3%。
 ――魔力循環、機能停止。

「マジで!?」

 輝こうとしたミスリルが急激に色を失い、黒ずみ始めた。
 そして、完全に黒い被服に覆われ、以前の全く斬れない刃へと変貌した。

「……怖い……怖いよ……」

 後ろの方でか細い声が聞こえた。
 ナーシャがうずくまって震えていた。

『本隊、そろそろ魔力が切れそうです。
 魔法兵団、行けますか!?』
『ダメです!まだ半分もリカバー終わってません!
 もう少し持てませんか!?』
『後2分ほどが限度です!それ以上は――!』
『こちらハンター部隊。そろそろロフェイトが崩れそうだ!
 援護を!はやく!』

「負けちゃう……みんな死んじゃうよ……」
「ナーシャ!しっかりしろ!おい!」

 まだ克服出来てなかったのか、ナーシャが大粒の涙を流しながら震えていた。

「みんなを救うんだろ?その為に来たんだろ?
 誓ったじゃないか。俺がナーシャを護り続けるって。
 大丈夫だ。俺を信じてくれ」
「でも……でも……私、どうしたらいいかわからない……!
 魔法も使えない。剣だって使えない。弓なんて触ったこともない!」
「ナーシャ……」

 何も出来ない自分がもどかしくて。
 何も出来ないからこそ考えを巡らせて。
 でも、出てくるのは最悪の無想。
 だからこそ、彼女は震えていた。

「私は……私は……!」
「分かったよナーシャ。でも、一つだけ、出来ることがある」
 
 一つだけ、ナーシャが得意なものがあった。
 あの満月の甲板で。
 見せてくれた、ナーシャの特技。

「唄ってくれ。ナーシャ。
 犠牲になったみんなのために。今戦っているみんなのために。
 心を込めて、唄ってくれ。
 あの時の、満月の時みたいに、優しく、唄って欲しい」

 唄は、魂の声だと。
 人が唄う歌だからこそ、心に届くものだと。
 言っていたのは、誰の言葉だったのだろうか。

「――唄います……みんなのために」




 俺は戦場に舞い戻った。

『本隊引っ込め!魔法兵団前へ!
 本隊リカバーを優先、魔法兵団、ロフェイトの戦列を死守!』

 戦場は思った以上に逼迫していた。
 向こうを見れば、魔力切れで倒れている者、負傷者の手当をする者、
 戦闘開始当初の勢いは沈静化し、後手に回っているのが分かってしまう。
 ロフェイトも苦しそうに眉間に皺を寄せている。
 メビウスもそろそろ眼が虚ろだ。
 リュウも歯を食いしばって立っている。
 満身創痍。疲弊も激しくなってきた、そんな時。






――唄が聞こえ始めた。

by creatle | 2006-12-28 02:04 | 外伝:潮騒の鎮魂歌


<< あけましておめでとう御座います...      外伝~潮騒の鎮魂歌~14 >>