人気ブログランキング |

砂塵の記憶

creatle.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 15日

風の教えるままに外伝 クリエル編~砂塵の記憶~序章

遠くから雨の音がする。

ああ……これは夢なんだ。と自覚したそんな1コマ。

雨が遠くなる。風が強くなる。人多き証、喧騒も聞こえる。

そう……この風景は――




――ん殿!指揮官殿!」

眼を開けると、そこにはチェーンメイルを着込んだ衛兵が私の肩を揺らしていた。

「ん……ああラティクス。すまない眠っていたようだ。どうかしたのか」

そう、この衛兵はラティクス。
私がこの連隊の隊長になってから、ずっと私の下で働いてくれている、数少ない信頼できる部下だ。

「バルディアス殿がバストゥークへ帰られるそうです」

 バルディアス……同時期にバストゥーク軍へ入隊し、時に共に磨きあい、共に戦ってきた、私にとって親友とも思える男だ。
 今は私と、彼の部隊が共に駐留し、パルブロ鉱山からの獣人軍侵攻に備え、砦を構えている。
 北グスタベルク街道横の丘の上に、陣はあった。

「ふむ……近々クゥダフ軍侵攻の噂もあると言うに……どういうことだ……指令……」

 焦点を風景から外し、思考を展開する。
 私はよく、配下の兵には表情が無いと言われる。そう、こんな風に思案した時だ。

「意図は掴めませんが……」
「わかった。見送りにいこう」

組椅子から立ち上がり、傍にかけてあった深青のマントを肩に背負い、砦を出た。

by creatle | 2006-06-15 23:59 | 外伝:砂塵の記憶


<< 外伝~砂塵の記憶~1      ~忍Lvアップ!そして日常へ~ >>